コンシーラーはランキングで探し出そう|必見のアイテム

生活習慣が原因のケースも

美容液

ストレスも大きな要因

一口に敏感肌といってもさまざまな原因が考えられます。衣類や洗剤の刺激が原因となるケースもあれば、食習慣やストレスが原因となるときもあります。敏感肌の感じ方も肌がピリピリする、刺激に対してすぐ赤くなってしまうなど、その反応もさまざまです。医学的に敏感肌という考え方はないのですが、ダニや花粉などのアレルギー、接触性皮膚炎などからくるトラブルを敏感肌と感じている人もいます。症状が一時的なものでない時は、一度医師の診断を受けておくことをおすすめします。また適切でないスキンケアの結果、肌が敏感になってしまうこともあります。自分の肌のコンディションに合わない化粧品やシャンプー材の使用で肌が過敏になるケースです。敏感肌の原因の特定には時間がかかることもありますが、焦らずじっくりと取り組み、生活習慣やスキンケアを見直すきっかけにすることが重要です。

トータルな対策が必要

敏感肌の対策は生活習慣の見直しやスキンケアの改善などトータルに行う必要があります。化粧品も敏感肌対策のものが多く商品化されていますので、自分にあったものを選ぶことで改善が期待できます。化粧品やシャンプー剤、衣類や寝具からの刺激を避け、紫外線や乾燥から肌を守ることがポイントとなります。また体の内側からケアをすることも大切です。食生活の見直しを行い、良質なタンパク質を積極的に食べるようにします。食事だけで不足しがちな栄養素はサプリメントなどで補っていきます。ビタミンやミネラル、アミノ酸などを中心にサプリメントを選びます。化粧品はシンプルな保湿ケアから始め、敏感肌が改善されてきたら肌のターンオーバーを促す成分を配合したものを利用して肌質の改善を行います。